雑費が引かれない

Red lips

昔と今とを比べると、働く環境はずいぶん良くなりました。どんな業界でもそうですが、特に京都では風俗業界の働く環境は、かなり改善されています。「なんかこわいところなんじゃないだろうか」とか、「ピンハネ的なことがあるのでは?」などと不安に思って京都の風俗求人になかなか応募できない……そんな女性も、今では心配する必要はないのです。
たとえば、求人情報の中で高らかに「雑費は引きません!」と宣言しているところもあるのです。昔は、京都の風俗店では女性が受け取るべきお給料から「雑費」ということでいくらか抜いてきた歴史があるのです。
もちろん、もらうべきお給料からゴッソリ半分くらい雑費が引かれていた……ということはありません。ほんの数%引かれていただけですが、それでも「ちりも積もれば」というやつで、もらえるお給料が減っていたことは間違いありません。
雑費として引かれていたのは、たとえば風俗店で働くときに使われる「ローション」のお金とか、そういう消耗品のお金が引かれていたのですが、最近では京都のお店がしっかりそのお金を負担するようになっていて、女性からは取らないというふうになっているのです。
女性がしっかりと稼ぐことが出来、その生活が豊かなものになること。それが、京都の風俗店が掲げていることなのです。というわけで、基本的にはどの求人を見ても「雑費を引きます」ということは書いていないし、他にも、求人には女性が働きやすい条件がいろいろと載っています。